知って得する!マタニティ服の選び方~あなたはどっち、節約する?しない?~

こんにちは♪

子育てママライターのまぁこです(^^)

 

私の3度の妊婦生活の経験から、マタニティ服を①節約する、しない。 ②買う、買わない。 ③どういうマタニティ服を買えば良いか分からない。とお困りの妊婦さんへ、私が知っておけばよかったと思うことをご紹介します。

 

先ずは、ご懐妊おめでとうございます(^^)初めての妊娠はドキドキわくわくしますね。もうあなたひとりの体ではないので、ご自身のことを一番に考えてくださいね。

 

マタニティ服を着る時期は

マタニティ服を着る時期は妊娠がわかる初期から着ても問題ありません。下着についてはお腹を冷さない為にも初期から履くことをオススメします。

マタニティ用のボトムスは妊娠初期に履くと、まだブカブカだったりするのでお腹が少し膨らんできた妊娠中期の頃からかと思います。

 

個人差はあると思いますが、私は妊娠6ヶ月を過ぎたあたりでも周りからは「全然わからないね」「私の方が(パートのおばちゃん)妊婦さんみたい」などと言われていました。

しかしこればかりは自分自身が一番わかることで、いつものボトムスがきついなーと感じるようになり、周りからはわからない変化が出てきます。

マタニティ服はちょっと高い!?節約したほうがよいのか

マタニティ服はちょっと高いと思われる妊婦さんもいらっしゃるかもしれません。私もそう思っていました。しかし、それは機能的な面で妊婦さんや赤ちゃんのことをよく考えてつくられています。

 

例えばボトムスだと

・股上が深くお腹をすっぽり包んでくれる

・お腹の部分の生地が二重になっている

・お腹の大きさにあわせて、ゴムで調整できるボタンがついている

 

また、トップスーは出産後授乳がしやすいように授乳ポケットが付いています。

(↓こんなかんじのやつです。)

これは本当に便利です。今はマタニティ服のバリエーションも多く、一見マタニティ服だとはわかりません。

「妊娠中、体型が変わって思う様な洋服が着れない…」という妊婦さんでも嬉しいですね。 可愛いマタニティ服だと気分も上がるので、楽しく妊婦生活がおくれます。

 

私のマタニティ服はというと、あまり安いものにこだわりすぎて”色落ち、型崩れ”と惨めなマタニティ服でした。仕事中の気分も上がらず、また買うことに…結果的に割高です(^-^;

1人目の妊娠時からお気に入りの、少し良いものを選べば良かったなと後悔しました。ブランドなどにこだわるのではなく”自分のお気に入り”がポイントです。

家族計画はご家庭によって違うと思いますが、あと1人~2人子供が欲しいとお考えでしたら、次の妊娠の時にも着れるので少々高くても気に入ったものを購入するといいですよ。

マタニティー服を買わないと言う選択

そもそもマタニティ服を着ないといけないの?と思われている妊婦さん。

妊娠前に着ていた服を出産まで着れるかは、体型や洋服によって差はありますが、可能です。

 

しかし、もともとは妊婦さん用に作られていないためお腹が大きくなるにつれて不便が出てきます。

例えば

・ファスナーの上げ下ろしがスムーズにいかない

・前開きのボタンでない限りワンピースは授乳中は着れない

ただでさえ妊娠後期は体が思うように動かなくなることのストレスを感じやすいので、洋服の着脱でストレスを感じないようにしたいものです。やっぱり買っておけばよかったと後悔するよりも、早めに準備することをお勧めします。

 

もしもマタニティー服ではなく、いつも買っているお気に入りのショップで買いたい時は、トップスについては前開きのボタンまたはファスナーがついているものが◎(ワンピースも同様)

マタニティ服で気に入ったものがないからと、いつものショップで妊娠前のサイズより大きいサイズを買うのはNGです。出産後、肩幅や腰回りがぶかぶかで台無しです。

 

私がオススメするマタニティー服は

一番は自分が気に入るデザインかどうかですが、それと同様に機能面も重視して選びたいです。

  • パジャマに関しては授乳ポケットが付いているものよりも前開きのボタンの方が良い。

(初めての授乳だと、お母さんも赤ちゃんも下手くそなので上手に授乳することができない)

  • ボトムスを選ぶ際はオールシーズン対応のものを選ぶ。

(次の妊娠が同じ季節とは限らないため)

    • 授乳ブラは使いにくい。伸縮性が優れているナイトブラやスポーツブラなどが、授乳もしやすく締め付け感がないので楽。

おすすめはジニエブラです^^通気性がすごくいいですよ♪

 

まとめ

“妊娠”は人生において一大イベントです。妊娠中の[お母さん]は何かと制限されてしまいます。お母さんの身体的精神的ストレスはおなかの中の赤ちゃんにもよくありません。ストレスを溜めないで良い妊婦生活を送るには、マタニティ服は節約と言う考えはひとまず置いておいていいのではないかと私は思います。

 

最後に余談ですが、洋服を通して産後ダイエットを成功させるコツは…【妊娠中には着れないお気に入りの服を1着買っておく】です。(ボトムスが◎)『この洋服を着るために痩せるぞー!』と産後ダイエットの目標に私はしていました(^^)その洋服を着れた時の事は今でも覚えています。

では妊婦生活を楽しんでくださいね♪

この記事を書いたひと

まぁこ
まぁこ
年齢:アラサー
好きなこと:花、美容、DIY、アクセサリー作り
好きな食べ物:とうもろこし、スイカ、豚バラ串
幸せを感じる瞬間:アクセサリーを作っている時、家庭菜園で土いじりをしている時、3人の子供の寝息を聞いている時

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です