冷蔵庫をお得に買おう!我が家の値引き交渉術教えます。

こんにちは。

お得、安い、節約が大好きな子育てママのまぁこです。

今日は女の城とも言われているキッチンにかかせない家電【冷蔵庫】をお得に買う方法をご紹介したいと思います。

 

もちろん新品です!

お得=安い、と思いがちですが(もちろん安いにこしたことはありませんが)中古品やネットの格安ショップではなく、家電量販店でお得に冷蔵庫を買う方法です。

 

お得に冷蔵庫が買える時期は決まってる!?

まずは冷蔵庫がお得に買える時期につて。

・小型冷蔵庫…2~3月

・大型冷蔵庫…8~9月

家電全般は、

・初売り

・決算期

 

『ちょっとまって!』

・そんなのわざわざ覚えてられない。

・壊れたから買い替えるのにお得になる時期なんて待ってられない。

 

そんな声が聞こえてきそうですね。

 

『安心してください。』

 

私がご紹介するのは、時期を問わずにお得に冷蔵庫を買う方法です。何せ私自身も家電を買い替える時に時期は正直選びません。

買いたい時が買い替えどき~です(笑)

 

まずは行きつけじゃない家電量販店へ

早速、家電量販店へ出掛けてみましょう!

ここでのポイントは、いつも行っている家電量販店ではない所へ行くことです。(下調べという感じでしょうか)

我が家ではいつの間にか「行きつけ家電量販店」が決まっています。

 

下調べの家電量販店でのポイント

  • 店員さんは中堅社員さんに声をかける
  • 製品の説明を聞く(買う気満々オーラを出す)
  • 世間話(コミュニケーション)を交えながら値段交渉
  • 名刺をもらってまた来るアピールをして帰る

※もちろん気に入れば購入してOK

 

ファーストコンタクトは女性!?

いざ!行きつけ家電量販店へ!

ある程度の商品知識と、ネットの価格.comを頭に入れておきましょう。

※あくまでも我が家の交渉術です(^^)

 

1.閉店前や天気が悪い日に行く

2.私(妻)が店員(社員)さんに声をかける

3.私だけ商品説明を聞く(無知風に)。

4.頃合いを見て主人も参加(商品知識ばっちり)

5.限界まで値切る

6.おまけを貰う

 

まずは行く日時について、よくセール最終日の閉店前と言われていますが、我が家は人混みが苦手なのであまりセールには拘らず閉店1時間前(交渉時間含む)に行きます。

店員さんへのファーストコンタクトは妻である私がある程度の要望を伝えて「お勧めはどれですか~」と、商品を初めて見るかのように説明を聞きます。

 

次に主人の登場です。ここでの主人の役割は、店員さんにいかに「イイ人かつ、めっちゃ商品に詳しい人」と思われるかという超重要な役割です。

なぜこの流れがいいのか、あくまでも私の経験談ですが、私の質問がやや”アンポンタン”な部分があるようで、店員さんがhelpサインを出すようなのです。(笑)

 

私は普通のつもりなので具体的には分からないのですが、店員さんにしてみると主人が救世主にみえるようです。「あ~話がわかる人が来てくれたぁ」という感じで店員さんは主人とどんどん話を進めていきます。

 

そして世間話を交えながら値引き交渉に入ります。「ここから値引きができますか?」から始まり、限界まで値切る。「××店では○○円にしてくれました」「ネットでは○○円でしたけどもう少し頑張ってもらえませんか?」など(店員さんは3回ほどバックヤードに走ります)値段の端数も交渉できなくなって、納得のいく価格だったら交渉成立です。

 

しかし、これだけでは帰りません。

 

値段交渉がこれまでなら、次は、何かおまけをしてもらうのです。

例えば

・付属の消耗品のスペア

・キャンペーン商品 等です。

 

我が家は冷蔵庫を買うのに、隣の洗濯機コーナーのキャンペーン商品を貰って帰りました。

キャンペーン商品でもばかにできません。1ヶ月分の洗濯洗剤代は浮きます♪

まとめ

今回はお得に冷蔵庫を買う方法をお伝えしてきました。昔の私は値段交渉なんてしたこともなく、表示価格のまま買っていました。(逆に店員さん側から値段交渉してきたり…)

ある程度の値段交渉ありきで価格設定されているので、店員さんとは仲良くお話してみてくださいね。

最後にポイントをおさえておきましょう。

・商品を下見に行く

・お店の閉店前に行く

・ファーストコンタクトは女性から

・商品知識は頭にいれておく

・値段交渉成立後におまけを貰う

以上。「客なんだぞ」と横柄にならず、笑顔を忘れずに(^^)きっとお得に冷蔵庫が買えますよ。

この記事を書いたひと

まぁこ
まぁこ
年齢:アラサー
好きなこと:花、美容、DIY、アクセサリー作り
好きな食べ物:とうもろこし、スイカ、豚バラ串
幸せを感じる瞬間:アクセサリーを作っている時、家庭菜園で土いじりをしている時、3人の子供の寝息を聞いている時

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です