現役ママの私が実践している、ママ友ランチ会で気を使わずに節約する方法★

こんにちは。

子育てママライターのまぁこです(^^)

 

子育てママにとって切り離せないのがママ友付き合いです。子供が大きくなるに連れてその関係性は密になります。何かと集まりも多いママ友ですが、今回はランチ会で気を使わずに節約する方法をご紹介したいと思います。

ママ友のランチ会でストレスを感じること

「正直面倒くさい」ママ友のランチ会でストレスを感じることがありませんか?

「金銭感覚が合わない」

「SNSを意識してお店を選ぶ」

「できるだけ会うのを避けたいママ友がいる」

「気を使って疲れる」

こんな方も少なからずいます。

しかし、どうせ付き合うのなら楽しく、気を使わずに(もちろん常識ある範囲で)顔を会わせたいのがママ友という存在です。子供同士の関係にも繋がりますし、やっぱり何かと頼りになるのもママ友です。

 

気を使わずにママ友と付き合う方法

「気を使わずにママ友付き合えるの?!」と驚かれたあなたは、拍子抜けする答えかもしれませんが、

気を使わずにママ友と付き合う方法は、『自分と気が合うママ友と付き合うこと』です。

一番簡単な方法です。そうすると、意外と出費がかさむママ友ランチ会でも節約できちゃいます。

 

「とはいっても気が合わないママ友との付き合い、なかなか断れない~」という方もいそうなので、どうやって気が合うママ友だけと付き合えているのか、以下は実際に私がしていることです。

 

まず連絡手段としてLINEは使っていません。(古っ!笑)

グループLINEでのトラブルはよく聞くので最初から使っていないのです。それでもマメにメールや電話で連絡をとれる人こそ気が合うママ友です。

 

他にもゴシップ好きなママ友は最初の段階で距離を置きます。ママ友のランチ会で噂話をして盛り上がるグループもあります。しかし噂話は何のメリットもありません。

 

これは、ママ友に限らず仕事や友達付き合いにおいても共通しています。

ママ友のランチ会は予算を決める

気が合うママ友だと、「ワンコインで美味しいランチが食べられるお店を見つけよう」とゲーム感覚でお店探しができます。一人一件見つけてくれば、次のランチ会のお店探しの手間も省けて尚且つワンコインでランチが食べられます。

私は”安くてお得に”派なので、ランチに数千円やお洒落して行くようなところは疲れてしまいます。会話はもちろんですが金銭感覚も合うママ友でないと長続きしません。

他にも、子供が小さいときはお店でゆっくり♪なんてこともできないので、ママ友宅や無料で貸りられる会議室などに個別に持ち寄りランチ会をすることもあります。

この時も予算を決めておくと誰かに負担が偏ることはありません。

 

“親しき仲にも礼儀あり”は大前提として、あまり深入りはしないのがママ友付き合いを円滑に長続きさせるコツかもしれません。

まとめ

  • 自分と気が合うママ友と付き合う
  • 金銭感覚が合うかも重要
  • ランチ会は予算を決める
  • ママ友関係はあまり深入りしない

以上のことを踏まえればママ友のランチ会で気を使わずに節約することができます。

ママ友付き合いをあまり大変だと思わずに、多少苦手な人とでも付き合っていくことで自分が成長できることもありますよ(^^)

この記事を書いたひと

まぁこ
まぁこ
年齢:アラサー
好きなこと:花、美容、DIY、アクセサリー作り
好きな食べ物:とうもろこし、スイカ、豚バラ串
幸せを感じる瞬間:アクセサリーを作っている時、家庭菜園で土いじりをしている時、3人の子供の寝息を聞いている時

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です