結婚式のドレス選びで後悔しない!余分な出費を抑えて節約しよう♡

結婚が決まり、いよいよ結婚式の準備。

いちばん楽しみなのはもちろん…ドレス選び!

ドレス選びは女の子みんなの夢ではないでしょうか?

 

結婚式の準備でたびたび投げ出したくなる衝動に駆られていた私も、ドレスを選んでいる時間だけはただただ幸せでした!

でも悩めば悩む程分からなくなっていって、最終的に安いやつにすればいっか…と諦めかけたり。

 

そこで今回は、ドレス選びでお得に、尚且つ後悔しないための4つのポイントをご紹介します♪

予算を決めてから選びに行く

まず大切のが、選びに行く前の下準備です。

下準備と言っても気持ちの問題ですが…

わたしは以下のことを選びに行く前になんとなくでいいので決めていくことをオススメします。

 

  • 金額の範囲を決める
  • ドレスのタイプを決める

 

でもドレスの平均金額っていくらくらいかわからないし、行ってから決めれば良くない?と思いますよね。

 

もしあなたが値段に惑わされて後悔したくないのなら、決めていくべきです。

なぜなら、ドレスの値段ってピンからキリまであるうえに物凄い数の中から選ばないといけないから。

高いものはそれだけいい生地であったり、いいデザインであったり、高いなりの理由があります。

なので高いものを見れば見るほどそれを選びたくなるのは当たり前です。

 

ドレスの費用を決めているならそれでいいですが、私が実際に行ったのは”プラン内で決める!”ということ。

 

結婚式のプランはパッケージ商品になっていることが多いです。

ドレスも例外ではなく、このドレスは基本プラン内、このドレスはプラスいくらなど、ドレスによって追加料金が発生していくことが多いです。

 

ですので最初に

基本プラン内で選ぶ!とかプラス料金かかるものも1つ上のグレードまでならOK!とか決めていくとスムーズですし余分な出費が抑えられます。

 

できれば、プランナーさんに「プラン内でAラインのドレスがいい」など金額の範囲とドレスタイプを伝えるといいですね。

高いものを勧められることもなくなりますし、たまたまその日結婚式で使われていてその場にないドレスでも「その希望なら今はないですがこんなドレスもあるので別日に見てみますか?」など希望がはっきりしている事で出会えるドレスもでてくるかも。

ドレスタイプはこちらを参考にして下さい。

試着はタダ!

普段洋服を買うのと同じで、試着はタダです。

だったら沢山来て自分に合うものを選ばないと損ですよ!

 

私はとっても面倒くさがりで4着しか着ませんでしたがもっと着てもよかったかなと少し後悔しています…

なんせドレスを着たり脱いだりするのって本当に大変で、もういいや〜ってなっちゃうんですよね。

 

でもドレスってレンタルでも大きな買い物です。

後悔しないためには気になったものは着てみるといいと思います。

なんせお金かからないので☆

ブライダルショップによっては1回の試着打ち合せの時間が決められていたり、1回につき試着は〇着までと決められているところもあるので要注意です。

たくさん着たいなんて言い出しにくい…と思うかもしれませんが大丈夫です。

打ち合わせの際、プランナーさんに何着きるのが普通か聞いたら「皆さんそれぞれですし、タダなので沢山着てもらっていいですよ。昨日の方は12着着てましたよ(笑)」と言われましたから。

 

優柔不断な方や、素敵なドレスを目の前にして自分で決められないかも…って方はこんな方法もあります!

本音を言ってくれる人を連れていく

4着しか着ていないわたしでもかなり悩みました。

でもどんなに着たくても、結婚式当日に他の予約が入っていたらそのドレスを着ることはできません。

だからそんなに長く迷ってる暇はありません。

 

そこでオススメなのは本音を言ってくれる人を試着の打ち合わせに連れていくこと。

正直、ドレスを目の当たりしてあなたは知らないうちにお姫様気分になってます。

だから「あれも可愛い」「これも可愛い」となってしまう。

 

だけどそこでハッキリ客観的な意見をくれる人がいたらかなり助かります。

それはもちろん彼でもいいですし、お母さんや姉妹を連れていく方もいます。

 

私の場合は、彼がかなりハッキリ言うタイプだったので似合わないものは「似合わない」と言ってもらうようにしました。

ただ、男の人って何着もドレス見てたら「さっきと何が違うの?」ってなる人も多いと思うので(笑)同性の方が的確な意見をくれるかもしれないですね。

写真に残して最終決定

考える時間はあまりないですが、その場で決める必要もありません。

大きな買い物ですから、ドレスを着ていない冷静な気持ちの時にもう1度選ぶのも大事です。

 

その為に必要なのは試着の時の写真を撮ってもらっておくこと!

前、後ろ、横、斜めと色んな角度から。

この写真を1度家で見て最終的に決めるのがベストだと思います。

 

わたしは最終的に3着まで試着当日に絞って、その3着をキープしてもらい2日後までに連絡するという流れにしました。

家でじっくり見て、母にも見せて意見を聞いたりしました。

試着している時はハイになっているので、家でじっくり決められて良かったと思います。

 

キープできるかどうかはそのブライダルショップにもよるので一度確認してみてくださいね。

試着写真はヘアスタイル決めの時などにも役立ちますので一石二鳥ですよ♪

まとめ

1.ドレスを選びに行く前に金額の範囲とドレスタイプをイメージしていく

2.気になるなら試着してみる

3.本音を言ってくれる人を連れていく

4.写真を見て冷静になってから最終判断する

 

この流れが私のおすすめです!

もうこれでドレス選びの泥沼にはまらず、納得の1着を決めることが出来るはずです。

ただし、これしかない!と運命のドレスに出会えた方はそれもありだと思いますのでお財布と相談してくださいね♪

この記事を書いたひと

まゆ
まゆ
ヨーロッパ在住の専業主婦。
帰国後のマイホーム購入を夢見て、絶賛節約生活中♪
結婚式で工夫して節約した経験を中心に、記事を書いています^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です