子育てママ必見!チャイルドシートをお得に買った私の経験談

こんにちは。

子育てママライターのまぁこです(^^)

ただいま末っ子ベビーくんはお昼寝中zzz毎日すくすく、ぶくぶく成長中です。赤ちゃんの成長は本当にはやいですよね。

昨日までねんねしていたかと思うと、寝返りに始まり→ズリバイ→ハイハイ→つかまり立ち→つたえ歩きと、日々進化しています。まるで歴史の教科書にでてくる原始人から人間までの年表のようです(^^)

 

さて今日は、毎日成長するベビーをもつ子育てママ必見!ベビー用品をお得に買う方法~チャイルドシート編~をご紹介します。(これからママになる方も是非読んでみてください。)

 

私が住んでいるのは田舎で、車は一家2台はないと不便な所です。小さな子供がいる家庭の車にはチャイルドシートが必須アイテムです。

 

我が家は年が近い子供が3人いるので、チャイルドシートはおのずと必要でした。でも意外と高いチャイルドシート…こんな高いの3つも買えないよ…と思っていたら、安くで買えちゃいました。

チャイルドシートはどのメーカーがいいの?

チャイルドシートの有名メーカーはアップリカ、コンビ、レカロ、カイナです。チャイルドシートは赤ちゃんを車に乗せるときの必須アイテムなので、安全性、機能性、価格、ご家庭にあったものを選びましょう。

ちなみに我が家は、アップリカ、コンビ、カイナ、ノーブランドを使ったことがありますが、

ノーブランドは価格もメーカー品より安いのに、使用感は全く問題ないのでオススメです。

 

各メーカーの公式ページです。(参考までに)

アップリカ→https://www.aprica.jp

コンビ→http://www.combi.co.jp

レカロ→http://jp.recaro-cs.com

カイナ→http://www.leaman.co.jp

チャイルドシートを安く買うには

チャイルドシートも「○○年モデル」というように次々に新しいものが発売されます。お店の在庫状況もありますので、いつ買えば安いというのは決まってはいないようです。

 

私が買ったときは9月頃だったと思いますが、たまたまセールで通常価格の5000円引きぐらいで購入できました。ということで1人目は晴れて新品GETです(^^)

※購入メーカー:コンビ

 

1人目は新品だったけど2人目以降はできれば安くおさめたいと思い、まずリサイクルショップへ行きました。

 

お~あるわあるわ♪しかも安~い♪普通に買えば20000円のチャイルドシートが2000円!?桁が違う~!めぼしいものをチェックして他の店も見に行きました。

 

やっぱり1つのお店で決めるのではなく入念に調べるのが、良いものをお得に買うポイントです。と言いたいところですが一概にも言えない出来事が起こります。

 

最初のお店に戻って中古で2000円のチャイルドシートを買おうとしたら、お店からお目当てのチャイルドシートを持って出てくるおじさんが…(ガビーン。遅かったか…)しかもタクシーの運ちゃんじゃん!(「お仕事お疲れ様です。きっと赤ちゃん連れのお客様の為に買ったことでしょう。ご丁寧にトランクに詰め込んでいらっしゃいますが、きっと私の方が使う頻度は高いはず…(ToT)」)と、心では叫びました。

 

入念に調べるのも大切ですが、リサイクルショップの場合は早い者勝ちなのを忘れていました。

 

気を取り直してまたリサイクルショップ巡りをすると、状態の良いものを発見!今度は即買いです(^^)

メーカーはカイナで、価格は2000~3000円の間だったと記憶しています。新生児から使えて、高さ調整できるのがいいですよ~!

ベビー用品をリサイクルショップで購入するかは、用途や使用頻度によって使い分けていますが、チャイルドシートに関してはリサイクルショップの中古品で十分だと私は思います。

その理由は、毎日使うものだけど、時間的にはそんなに使わないからです。保育園の往復でも1日10分も使いません。それと、子供は成長するに連れてガチガチに固められて身動きがとれなくなるチャイルドシートを嫌がります。

 

親としては「○歳まで使えると書いてあったのに~」と思いながらも、泣きわめく子供を見かねて取りつけ楽々のジュニアシートに移行します。なので実際に使うのは3年程です。

新品を何万も出して買うのもいいですが、リサイクルショップをちょっと覗いてみると浮いたお金でおいしいものでも食べられるかもしれませんよ(^^)

 

新品がいい方は、お住まいの地域によって助成金が出るところもあるので自治体に問い合わせてみてください。

あとはレンタルもあるようですが、長く使用するものなので高くつくと私は思いました。里帰り出産で1~2ヶ月のレンタル向きだと思います。

 

まとめ

子育てママの中にはおさがりはちょっと…という方もいると思いますが、チャイルドシートに関してはおさがりもありだと思います。ベビー用品をお得に買う方法~チャイルドシート編~のまとめとして、

  • ひとつのお店で決めるのではなく何件か見てみる。
  • リサイクルショップは早い者勝ちと念頭におく。しかし、焦りは禁物。めぼしいものがあれば「取置き」をお願いする。
  • 各自治体の助成金制度を活用する。

 

チャイルドシートは車に乗る赤ちゃん、小さな子供の命を守る大切な役割をします。

成長にあわせて良いもの使いたいですね。しかし、【楽しく!節約】をモットーにしている私は『お得』も忘れません(^^)お金をかければ良いものはすぐに手にはいるかもしれませんが、私はなるべくお金をかけない(定価よりも必ず安く)方法を配信しています♪

 

また次の記事でお会いしましょう。

この記事を書いたひと

まぁこ
まぁこ
年齢:アラサー
好きなこと:花、美容、DIY、アクセサリー作り
好きな食べ物:とうもろこし、スイカ、豚バラ串
幸せを感じる瞬間:アクセサリーを作っている時、家庭菜園で土いじりをしている時、3人の子供の寝息を聞いている時

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です