自作で節約!iMovieを使用したプロみたいな結婚式ムービーの作り方

こんにちは、まゆです♪

結婚式に欠かせないムービー。

私も、ゲストとして参加する際はとても楽しみにしていることのひとつです。

でもこれプロに頼むと結構高いです。

ものによっては何十万するものも…

 

もともと私はパソコンでムービーを作るのが趣味みたいなものでした。

友人に頼まれて結婚式の余興でお祝いムービーを作ったこともあります。

なので、もうこれは節約のために自分で作るしかない!と思いオープニングムービーとプロフィールムービーを自作しました。

そこでここでは「簡単にプロが作ったようなムービーが作れる方法」をお教えします。

iMovieを使う

まずはじめにムービーを自作するにあたって、オススメのソフトを紹介します。

 

*iMovie

Macを使っている方なら最初からインストールされていることもあるかと思います。

もしなければApp storeで「iMovie」と検索してインストールしてください。

もちろん無料ですのでご心配なく!

このソフトはパソコンに取り込んだ写真や映像を簡単にムービーにできます。

 

iTunesから音楽も引っ張ってこれるので作った映像に音楽をつけるのもあっという間です。

 

以前Windowsのムービー作成ソフト「ムービーメーカー」を使っていましたが、こちらのiMovieの方が本格的なのに操作は簡単な気がします。

 

使い方はシンプルなのに本格的!

使い方はいたってシンプルです。

使いたい写真や音楽をドラック&ドロップする(選択したまま下の編集画面に移動させる)だけ。

 

写真や音楽の選択は上の方にあるコマンドから切り替えが可能です。

  • マイメディア…写真や動画
  • オーディオ…音楽
  • タイトル…文字入れ
  • 背景…プレーンな画像
  • トランジション…写真と写真の間の効果

 

初めての人はこちらの動画を参考にすると簡単に編集できますよ。

【iMovieの使い方 基本講座】

次は、私がオープニングムービーとプロフィールムービーを自作する上で気をつけたポイントについてご紹介します。

 

オープニングは短くインパクトを!

まずは、オープニングムービーのコツです。

 

オープニングムービーは新郎新婦が登場する前の、結婚式の雰囲気を作る大事な役割を担っています。

よってインパクトがとっても大事!

 

オススメはiMovieにある「予告編」機能を使うこと。

これはムービーのテンプレートのようなもので、イメージに合うテンプレートを選んで写真や映像を当てはめて行くだけで簡単に映画の予告編のような本格的な映像を作ることができます。

一つの動画が1分〜1分半くらいなのでオープニングムービーに最適です!

 

プロフィールムービーはこだわりをいれよう!

次にプロフィールムービーです。

 

プロフィールムービーの多くは中座の時に流すのが一般的です。

 

オープニングムービーよりも長いので、せっかく自分で作るなら是非こだわりをたくさん入れてください。

作り方は基本的な作り方に習って作って行けば間違いありません。

 

そしてプロフィールムービーで大事なのは、二人の付き合っていた頃の写真しか出てこないような自己満ムービーにならないようにすること!

 

そこで私がこだわって気をつけたポイントとしては

*長すぎず短すぎず5〜10分程度

長いと飽きるし、短いとお色直しの時間を稼げずゲストを退屈させてしまいます

*参列してくれる人との思い出写真を入れる

ゲストは自分の写真が出るとちょっと嬉しいものです。

*幼少期の写真は面白いものも入れてみる

大泣きしている写真や泥まみれの写真など、子供ならではの写真を入れると会場に笑いが起こりいい雰囲気になります

 

番外編:エンドロールについて

最後にエンドロールについてですが…

結論から言えばエンドロールの自作はオススメしません。

なぜなら最後の締めくくりですし、最近はその日の式の映像をお色直しくらいまで撮影しそのあと編集して参列者の名前をいれてくれる「撮って出し映像」が主流です。

これを自分でやるのは無理です。

かといってあらかじめ参列者の名前だけ流れる映像を用意したとしても締めくくりとしてはインパクトにかけます。

私は、オープニングムービーやプロフィールムービーを自作して節約した分エンドロールはお金を払ってプロに頼みました。

ただ、これかなり高額です。私の場合10万円くらいしたと思います。

もし「こんな金額出してまでエンドロールムービーいらない」と思うなら、思い切って無しでもいいと思います。

 

まとめ

1.iMovieを使ってプロ並みの動画を簡単に作る

2.オープニングムービーはインパクトが大事

3.プロフィールムービーは自己満にならないようにする

4. エンドロールは自作でカバーしようとしない

 

これで自作でも素敵なムービーができます。

是非手作りならではのこだわりを入れた素敵なムービーを作ってくださいね!

この記事を書いたひと

まゆ
まゆ
ヨーロッパ在住の専業主婦。
帰国後のマイホーム購入を夢見て、絶賛節約生活中♪
結婚式で工夫して節約した経験を中心に、記事を書いています^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です